売却方法の多様化

紙幣を数える手

車を売却する際の流れは大体決まっています。車の買取を行っているお店に行って査定をしてもらい、その金額に納得いけば売却するという流れです。 かつては、ディーラー等で販売するのが一般的でしたが、最近では中古車買取店も増えてきており、売却先の選択肢が増えました。そのため、査定金額を引き上げる為には、知っておくと良い事がいくつかあります。 まずは、お店を訪れる前に大体の相場を知る事です。インターネット等で走行距離や年式を入力するだけで、簡単に相場を知る事ができます。そして、次に自分の売ろうとしている車と近い状態の車が、どのくらいで販売されているのかを知っておいても良いです。基本的には買取額よりも販売額は高くなりますが、販売価格から、どの程度までなら査定額として提示されそうか、ざっくりと予測できます。

相場を把握したら、実際に店舗を訪れて査定をしてもらい交渉を開始します。車を持っていく時に工夫するポイントしては、最低限でよいので洗車と室内の掃除や整理をしておくと良いです。そちらの方が、査定する際の印象の悪化がありません。 実際に査定金額が出た後には、査定金額と事前に調べてきた金額を比べて、どのくらいの差があるかをざっくりと計算します。 もし、あまりにも差が大きい場合には事前に調べた金額の上限付近もしくは、それ以上の金額をお店の人に伝えるのがポイントです。基本的には、ネット等の相場も少しだけ低めに設定されている事が多いです。そのため、事前に調査した相場金額よりも少し高めで、カマを掛け気味に交渉するのがポイントです。